>>> 会社概要
>>> お問合せ
>>> サイトマップ

2012年09月21日

豆板醤

ソラマメにダイズ、米、大豆油、ごま油、塩、唐辛子などの原料を加えて作る中国の北方に多い醬である。
本来は唐辛子を入れずにソラマメだけで作ったものを豆板醤と呼び、
辛い豆板醤を特に豆瓣辣醬(トウバンラージャン)と呼んでいたが、
現在では唐辛子を使った辛いものが普通である。
豆板醤は二百数十年前に中国四川省で最初に作られ、現在も一大産地となっている。
特に省都成都市内の「郫県」の「郫県豆瓣醬」(ピーシェントウバンジャン)は高級品として知られている。
唐辛子が多く含まれているためとても辛いが、加熱すると香りが加わる。
四川料理等の中国内陸部での料理ではふんだんに使われ、
食卓に上るメニューの多くが辛い品目で占められる。
これは東南アジアや南インド同様、現地の高温多湿な環境の中で食欲を増しかつ発汗作用を引き起こす料理で汗を流し、健康を保つためである。



亀田 裕司
釜焼豚・大天門浜松町・大門
豆鼓麻婆豆腐・薬膳火鍋・一期一会パーティープラン・押し売りメニュー
〇一期一会パーティープラン¥4,500(飲み放題付)
〇1週間に(水、土)ランチメニューが2回変更します!!
〇結婚式の2次会会場は是非、大天門浜松町で!!

posted by 大天門 at 18:19| まめ情報