>>> 会社概要
>>> お問合せ
>>> サイトマップ

2011年09月30日

ジャネーの法則

19世紀のフランスの心理学者ポール・ジャネー(1823〜1899)が提唱したもので、
人が感じる月日の流れや過去を振り返ったときの時の流れの早さに対する感覚は若い頃は遅く、
年をとるにつれて短く早く感じるようになるというものです。

ジャネーによると、6歳にとって1年の長さは人生の6分の1ですが、
60歳にとっての1年間は人生の60分の1になるため
1年間という時間の感覚が60歳は6歳に比べて10倍早く感じられる、というものです。

この法則では10歳が感じる2ヶ月と60歳が感じる1年は同じということになります。
この法則は時間心理学によると月日の流れが早く感じる要因として、
感受性が豊かな子どもの頃の経験は新鮮な驚きに満ちているため、
経験の内容が豊富で長く感じられ、大人になるにつれ新しい感動が少なく単調になり、
早く時が過ぎるように感じることが挙げられます。

『もう秋だなぁ』って思ってしまった私は、だいぶ年をとったってことなんですよね…。

釜焼豚・中国酒家 大天門浜松町
足立
posted by 大天門 at 20:33| スタッフ日記